私の資産運用日記

視差運用にまつわる日々の出来事や感想、たまに息抜き

「金持ち父さん貧乏父さん」レビュー

おはようございます。

久々に金持ち父さん 貧乏父さんを読みました。

数年ぶりでしょうか。最後に読んだときは資産運用をしていないときだったと思うので、実際に資産運用をはじめてみて、確認というか、答え合わせみたいな感覚で読みました。

 

印象になった部分が2カ所ありますのでご紹介します。

 

・金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人は負債を手に入れ、資産だと思い込む。

 

・金持ちになる第一の秘訣は、資産と負債の違いを知り、資産を購入することだ。金持ちは資産に常に注目し、そうでない人間は給与明細票の数字ばかり気にする。

 

このセンテンスだけ抜き出すと、著者が上から目線な印象を受けますが、著書の前後を読むとそうでもありません。

 

私が改めて感じたのは、良質な資産(※)を買い続けること。贅沢品(負債)は資産を築いてから買えばいい、ということです。

 

(※)著書でいう資産とは自分にキャッシュを運んできてくれるものを指します。

その反対が負債、自分のキャッシュが出ていくことを指します。

 

しかし人間は感情の持ち主、ついつい贅沢をしたくなりますが、そこは感情のコントロールが必要です。

 

資産・負債の違いを考える習慣付けが大切だと思いました。

 

不動産関係についても興味深い記載がありましたが、まだよく理解できない部分があります。また時間をおいて読み返すと、再発見があるかもしれません。

 

また読み返したい本です。