私の資産運用日記

視差運用にまつわる日々の出来事や感想、たまに息抜き

資産運用における2刀流



おはようございます。

エンゼルス大谷翔平選手が
9日アスレッチクス戦で今季10勝目を挙げ、1918年のベーブルース以来
104年ぶりとなる2桁勝利、2桁本塁打の偉業を達成しました。
出典 新潟日報
おめでとうございます。

大谷選手にあやかり私が実践している投資の2刀流をご紹介します。

私はインデックス投資と高配当株投資の2刀流を実践しています。
資産運用において2種類の投資を並行することには大きなメリットがあります。

インデックス投資と高配当株投資を並行して行うメリット
インデックス投資はある指数に連動したファンドを
定期的に買い付けし、持ち続ける投資方法です。
ですので相場にもよりますが、投資した資産が増え続けるイメージです。

一方高配当株は企業の株を買い、その利益を配当金というカタチで
分けてもらう仕組みです。
企業の決算ごとに証券口座へ配当金が入金されます。
中間決算・期末決算の2回、もしくは期末決算1回のみの配当金が受け取れます。

2種類の投資を平行して進めることにより、どちらかの投資がうまくいかない時
補間しあえる投資スタイルではないかと思います。
どちらか片方の投資方法ではインデックス投資がうまくいかなければ
資産が増えていきません。
同じく自分が保有している高配当株が想定していたよりも
配当金が出なかった場合、こちらも高配当株投資としては成功とは言えません。

つまり資産運用における2刀流は投資のリスク分散になるというメリットがあると思います。

2刀流のどちらもうまくいかないとき(T . T)
インデックス投資も高配当株投資もどちらも
うまくいかない、こんなことが今後起きるかもしれません。
※※ショックが長期になれば十分ありえますね。
おそらく、そんな時私はどんな投資方法もうまくいかないと諦めます。
市場が落ち着くまで、嵐が過ぎ去るまで待ちましょう!

私はもしこんな時は株価が暴落して居る時なので
いつもより購入額を増やして買い進めるかもしれません。
いつかは回復するでしょう、いつかは晴れがきます、と心の中で願っています。

まとめ
大谷選手の偉業に比べれば
私の資産運用の2刀流はショボいものですが
誰でも再現性ができるという点では私の方が勝っているかなと思います。

投資に限らず1つのことにフルコミットせず、分散は意識したいですね。

自分なりの投資スタイルを見つめて、なるべく投資方法・投資先はリスク分散し
コツコツ継続していきましょう!
継続は力なり、です。

本日は以上です。